宇都宮美術館

UTUNOMIYA MUSEUM OF ARTS 1996
| 作品リスト | 前の作品 | 次の作品 |

宇都宮市の郊外115haという広大な森林の中に市民憩いの森がつくられつつある.
森の中では杉林やコナラ林が草原に接するエッジが美しく、その周縁から開ける草原のゆるやかな勾配が自然のうねりとなって続く.したがって、緑の周縁と地の起伏を尊重することから、人工的な造成は加えないこと、そして展示室を巡回する間に周辺の美しい自然に接することができるような回廊路による平面計画、これらの狙いを4つの棟が森の中へ翼をのばす配置によって得ている.更に1階と2階部分とがわずかに軸をずらすという複合・重合構成の手法によって自然との柔らかい交わりを図っている.
漆喰のようなタイル壁、この地方に特有な大谷石、板壁のようなアルミスパンドレル壁という3種類の素材の組み合わせを用いたのも、周辺の自然に触発されてのことである.
(建築業協会賞受賞)


所在地:栃木県宇都宮市長岡町地内

規 模:敷地面積  263,424m2

    建築面積    5,036m2

    延べ床面積  9,388m2

構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造

    地上2階 地下1階