東京都立豊島病院

TOSHIMA METROPOLITAN HOSPITAL 1999
| 作品リスト | 前の作品 | 次の作品 |  | 緩和ケア病棟 |

所在地:東京都豊島区栄町33-1
規 模:敷地面積  23,980m2
    建築面積  8,179m2
    延べ面積 48,225m2
構 造:SRC造
    地上8階/地下2階
病床数:458床

敷地の高低差を活かし、西側2階と北側1階の2つの玄関を設けた。2階に総合受付を配し、外来診療部門、放射線診断部門、救急部門、採血採尿、一部生理検査を設け、1階に検査部門、放射線治療、RI、リハビリテーション、精神科デイケア、管理部門を配した。
1階、2階をエスカレーターで結び、ホスピタルパティオ(中庭)を中心に外来、中央診療部門の患者利用ゾーンを空間としてまとめる構成とした。パティオを通じて視覚的に動線を認識することができ、案内性に優れ、かつ待合空間に光あふれる、潤いのある住宅的スケールのシンボル空間が実現できた。
病室まわりは、患者の症状にあわせた介護が可能なベッドレイアウトを実現し、患者自身が快適な生活領域を創造できるよう約10.0u/床を確保した。ベッド間には木製収納家具を配し、柔らかく直列することによってプライベートな領域を形成した。
北側の個室はナースステーション・廊下からのアイコンタクトを優先し、窓側にトイレシャワーユニットを配した。医師、看護婦の目の届くハイケアベッドの配置を想定したからである。