1988 函館山ロープウェイ展望台

1988 函館山ロープウェイ展望台

所在地: 北海道函館市函館山緑地御殿山
構 造:   鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造 地上3階塔屋1階
規 模:   敷地面積3,455.96㎡ 建築面積:1,305.90㎡ 延床面積:2,204.15㎡

ゴンドラを大型に取り替える機会に山頂駅及展望台、山麓駅を建て替えたものである。函館山は自然保護地区であり、景観を損ねることなくかっ、新しい建築としてデザインされている。展望台は駅舎と建築的に一体化され、外部に出ることなく連絡している。展望台には、レス卜ラン、ティーラウンジの他、ホールが設けられ冬の観光客の少い季節には、サロン的な市民の音楽会が聞かれる。舞台の後背はガラスになっていて、眺望を楽しみながら音楽も楽しむことができる。

詳細はこちらをクリック

Date

2016年08月06日

Categories

レジャー・商業・ターミナル
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search