1984 福島市音楽堂・古関裕而記念館

1984 福島市音楽堂・古関裕而記念館

所在地: 福島市入江町62
構 造: 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造  地下1階 地上2階 塔屋2階
規 模: 敷地面積 13,390.62㎡
    建築面積 4,697. 710㎡
          延床面積 6,023.482㎡   (音楽堂)
        1,763.502m' (働く婦人の家、勤労青少年ホーム)
         656.600m' (増築)

音楽堂、働く婦人の家、勤労青少年ホームの三つの施設からなる複合体である。これらの施設をヨーロッパの村落にみられるような集約形態によって配置している。1988年に古関裕而記念館が増築された。
メインとなる音楽堂はシューボックス型のクラシック音楽専用ホールで、残響時間は満席時2.5秒であり、極めて良質の音響効果が得られている。内部の材料は音を考慮した材料が選定され、とくにブルーの窯変タイルは独特の雰囲気を演出している。

詳細はこちらをクリック
 

Date

2017年05月25日

Categories

教育・文化
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search