1989-1992 天王洲地区総合開発計画・監修

1989-1992 天王洲地区総合開発計画・監修

所在地:          東京都品川区東品川2丁目
計画地区面積: 約20ha

天王洲地区は、物流倉庫立地として行政的に位置づけられてきた。しかしながら、京浜運河、天王洲運河は、近年船舶の運航が減少し、流通機能を低下させつつあり、地区計画制度を導入して民間主導型の再開発まちづくり計画によって地域の有効活用がはかられようとしている。これは、土地所有者である民間企業の各プロジェクトの集積によって、業務施設を主体とした新しい都心形成を目指して地域全体を変貌させようとするものであるが、複数のプロジェク卜がそれぞれの企業のレベルでの開発を目指しても自ずと限界が生ずる。そこで地区全体としての街づくりマスターフラン、開発のコンセプ卜、景観デザイン、街路のデザイン、交通計画等にアーパンデザインの立場から参画し、計画監修したものである。

詳細はこちらをクリック
 

Date

2017年05月26日

Categories

都市計画・再開発
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search