1995  日本郵船天王洲ビル

1995 日本郵船天王洲ビル

所在地: 東京都品川区東品川23-21
構 造: 鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造 及び鉄筋コンクリー卜造 地上25階地下2階
規 模: 敷地面積 8,248㎡ 建築面積. 4,382㎡ 延床面積60,822㎡

総合設計制度を適用した高さ120m、60,000㎡のオフィスビルである。かつて倉庫地帯であった天王洲地区をオフィスビルを中心とした活力ある24時間都市に転換させることを共通の目標として、22地権者による「天王洲総合開発協議会」が発足した。地区全体で魅力ある都市環境を形成するために、とくに脚まわりの外構計画の調整、2階レベルをスカイウオークでつなぐなどの街づくりが実現している。高層部は未来へと躍進する軽快さと、周辺ビルと調和した色調をもつ落ち着きとを融和させたデザインとしている。(岡田新ーが天王洲地区全体をデザイン監修)

詳細はこちらをクリック
 

Date

2017年05月26日

Categories

庁舎・事務所
Image

株式会社岡田新一設計事務所は、都市や建築の調査、研究、計画、設計、工事監理をトータルに手掛けます。平成26年10月に岡田新一、平成28年10月に岡田弘子 が他界した後、その薫陶をともにした精鋭たちにより継承されており。現在は津嶋功と柳瀬寛夫の社長2人体制で、これからも良質な建築を提案、設計し続けてゆきます。

© 2017 Okada Architect & Associates. All Rights Reserved.

Search